その他

ガンダムSEED DESTINEY|各話あらすじ・ネタバレ解説【全エピソード一覧】

記事に広告が表示されます

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の各話を簡単にまとめています。アニメは2004年10月9日から2005年10月1日まで放送され、全部で51話あります5(51話の中に総集編も含みます)。「機動戦士ガンダムSEED」の続編で、二年後の世界が描かれています。

スポンサーリンク

01話-10話

まずは1話から10話です。ガイア、アビス、カオスがL4・プラント アーモリーワン(工業用プラント)から盗まれ、強奪犯をミネルバが追います。しかし、強奪犯は逃亡に成功します。この事件の矢先、テロリストによるユニウスセブン落としが始まります。ミネルバはこれを阻止しようとしますが、完全に粉砕することはできず、そのまま地球へ降ります。その後、ユニウスセブン落下事件をきっかけに、地球軍とザフト軍は戦争状態に突入します。

ハイライト
  • 01
    怒れる瞳
    C.E.73.10.2
    カガリとアスランがアーモリーワンに到着
    カガリがデュランダル議長と会談(先の戦争で流出したオーブの技術および人的資源の軍事利用について)
    シンとステラの出会い
    ガンダム強奪発生
    強奪に巻き込まれたカガリとアスランがザクに搭乗
    インパルス出撃
  • 02
    戦いを呼ぶもの
    地球軍(強奪犯の母艦)とザフト(プラント)の戦闘が始まる
    アウルの「じゃあお前はここで死ねよ」でステラが恐慌状態になる
    議長がミネルバへ
    レイのテレレー
    インパルスがフォースシルエットに換装
    強奪犯が宇宙へ逃亡
    カガリとアスランがミネルバへ
    ミネルバ発進
    ネオ・ロアノークとシン&レイの戦闘開始
  • 03
    予兆の砲火
    シンのカガリに対する暴言
  • 04
    星屑の戦場
    ミネルバ座礁
    アスランの助言で窮地を脱す
  • 05
    癒えぬ傷痕
    ユニウスセブンの落下
    イザークとディアッカ登場
  • 06
    世界の終わる時
    ユニウスセブンでの戦闘
    テロリストの発言にアスラン戸惑う
    シンとアスランは地球へ
  • 07
    混迷の大地
    ミネルヴァも地球へ
    ユニウスセブンによる被害
    ミネルバはオーブへ向かう
  • 08
    ジャンクション
    ユウナ・ロマ登場
    ラミアス艦長ら登場
    アスランがカガリに指輪を渡す
    アスランは宇宙(ザフト)へ
    シンとキラ海岸の慰霊碑にて
  • 09
    驕れる牙
    地球軍とザフト開戦
    地球軍の核攻撃
    偽ラクス(ミーア)登場
  • 10
    父の呪縛
    アスランとデュランダル議長
    セイバー登場

スポンサーリンク

11話-20話

続いて11話から20話です。アスランがザフトに復帰し、キラのフリーダムも登場します。シンがSEEDを割って、艦隊をせん滅するエピソードもあります。

ハイライト
  • 11
    選びし道
    アスランがイザークやディアッカと再会
    ミネルバがオーブから出航
  • 12
    血に染まる海
    地球軍に取り囲まれたミネルバ
    ザムザザー登場
    シンのSEED発動
    アスランがザフトに復帰
    アスランがセイバーで地球へ
  • 13
    よみがえる翼
    ラクスの命が狙われる
    フリーダム登場
  • 14
    明日への出航
    カガリとユウナ・ロマの婚礼
    フリーダムがカガリをさらう
    アークエンジェル登場
  • 15
    戦場への帰還
    アスランはオーブへ向かうが拒否される
    アスランがミネルバと合流
    グラディス艦長がフェイスに
  • 16
    インド洋の死闘
    水中戦
    アスランがシンを二度もぶつ(殴る)
  • 17
    戦士の条件
    スエズ攻略へ
  • 18
    ローエングリンを討て!
    ローエングリンゲート突破作戦
  • 19
    見えない真実
    ミーアのライブ
    デュランダル議長との会食
  • 20
    PAST
    シンの過去(回想)
    トダカとの出会い

スポンサーリンク

21話-30話

続いて21話から30話です。地球軍側についたオーブはザフト軍のミネルバと戦うことになります。カガリを乗せたアークエンジェルはオーブ軍を止めるために地球軍(ファントムペイン)およびオーブ軍とミネルバの戦闘に介入します。

ハイライト
  • 21
    さまよう眸
    ハイネがミネルバと合流
    シンが溺れているステラを助ける
  • 22
    蒼天の剣
    ミネルバとオーブ艦隊の戦闘
    フリーダムがミネルバのタンホイザーを破壊
  • 23
    戦火の蔭
    カガリがオーブ艦隊の説得を試みる
    ハイネ機がガイアに撃墜される
    ハイネ死亡
  • 24
    すれ違う視線
    ミリアリア登場
    アスラン、キラ、カガリ再会
    ルナマリアの備考
    廃墟の強化人間開発ラボでレイが取り乱す
  • 25
    罪の在処
    ラボの調査開始
    禁止ワードでステラが暴走しラボへ出撃
    インパルスがガイアを撃墜
  • 26
    約束
    シンがステラをミネルバの医務室へ
    ラクスが宇宙へ
  • 27
    届かぬ想い
    ラクスはエターナルへ
    アークエンジェルがミネルバとオーブ艦隊の戦闘区域へ
  • 28
    残る命散る命
    インパルスがアビスを撃墜
    アウル死亡
    フリーダムがセイバーを撃墜
    シンがトダカの艦隊を撃墜
    トダカ死亡
  • 29
    FATES
    デュランダルの回想
    回想の中でラウル・クルーゼ登場
  • 30
    刹那の夢
    シンがステラをネオに引き渡す

31話-40話

31話から40話です。デストロイが登場し、デュランダル議長がロゴスに宣戦布告します。シンによってキラが撃墜され、議長に疑念を抱いたアスランが、ザフト軍から脱走しようとして撃墜されます。デスティニー、レジェンド、ストライクフリーダム、アカツキなどの後継機が続々と登場します。

ハイライト
  • 31
    明けない夜
    シンとレイは懲罰房へ
    デストロイ登場
  • 32
    ステラ
    デストロイとの戦闘
    カオス撃墜
    フリーダムがデストロイを撃破
    戦場でラミアス艦長が負傷したネロを発見
    ステラ死亡
  • 33
    示される世界
    シンとステラ湖にて
    シンとレイがフリーダムを分析
    ロゴスへの宣戦布告
  • 34
    悪夢
    エンジェルダウン作戦
    インパルスがフリーダムを撃墜
    アークエンジェルは海へ
  • 35
    混沌の先に
    デスティニーガンダムとレジェンドガンダム登場
  • 36
    アスラン脱走
    ミーアの助言によりアスランが逃亡を図る
    アスランがメイリンと共にグフで逃走
  • 37
    雷鳴の闇
    デスティニーとレジェンドの初陣
    デスティニーがアスランの乗るグフを撃墜
  • 38
    新しき旗
    ヘブンズベース戦
    デスティニー、レジェンド、インパルスとデストロイの戦闘
    ジブリール逃走
  • 39
    天空のキラ
    ラクスがデスティニープランを知る
    エターナル発進
    キラがラクスを救うため宇宙へ
    ストライクフリーダム登場
  • 40
    黄金の意志
    シンとレイがフェイスに
    ジブリールがオーブでみつかる
    ミネルバを含むザフト軍はオーブへ
    ザフト軍とオーブ軍の戦闘
    カガリがアカツキに搭乗
    デスティニーとアカツキの戦闘

41話-50話

41話から51話(最終話)です。ジブリールが死亡しロゴスは壊滅。その後、議長がデスティニープランを宣言します。デスティニープランは人の役割を遺伝子で決定するという計画で、この計画にカガリが治めるオーブは反発します。一方、地球側の諸国はロゴスという指導者を失ったため迷走し、デスティニープランに対する立場を決めることができなくなります。

ハイライト
  • 41
    リフレイン
    回想
  • 42
    自由と正義と
    引き続きザフトとオーブの戦闘
    ストライクフリーダムがインフィニットジャスティスと共に地球へ
    ストライクフリーダムとデスティニーの戦闘
    ドム登場
    ネオがアークエンジェルを救う
    カガリがユウナ・ロマをぶん殴る
    アスラン出撃
  • 43
    反撃の声
    ストライクフリーダムがデスティニーとレジェンドに苦戦
    インフィニットジャスティスがフリーダムを援護
    カガリの声明発表
    ミーアがカガリの声明に割って入る
    カガリの中継にラクスが登場
    ラクスが偽物を告発
  • 44
    二人のラクス
    レクイエムがプラントを破壊
    デスティニープランが明かされる
  • 45
    変革の序曲
    ミネルバがレクイエムを強襲
    デスティニーらの活躍によりレクイエム破壊
    レイのレジェンドがジブリールの乗る戦艦を墜とす
    ジブリール死亡
  • 46
    真実の歌
    ミーアからのSOSが買い物中のラクス達に届く
    ミーアがラクスをかばって死亡
  • 47
    ミーア
    ミーアの過去
    デュランダルがディステニープランを開始
  • 48
    新世界へ
    レイがシンに何があっても議長を信じろと話す
    オーブの反発に呼応して月の地球軍が動き出す
    プラントがレクイエムで月の地球軍を殲滅
    レイはシンに自分がクローンであることを明かす
  • 49
    レイ
    アークエンジェルとエターナルがレクイエムのステーションワン(第1中継ステーション)の破壊へ向かう
    レイはキラを生み出す過程で生まれた失敗作
    シンが戦うことを決意する
    ルナマリアとメイリンが戦場で再会
    ネオの記憶が戻る
    イザークとディアッカがアスランに加勢する
    キラとアスランがステーションワンを破壊
    メサイアのネオジェネシス発射によりオーブ主力隊が壊滅
    シンとレイが出撃
  • 50
    最後の力
    アークエンジェルとエターナルがメサイアへ
    キラ、アスランとシン、レイが戦闘を開始
    アスランとアークエンジェルはレクイエム破壊へ
    キラのストライクフリーダムがレイのレジェンドを破壊
    アスランがルナマリアのインパルスを破壊
    シンがアスランとの戦闘を止めようとしたルナマリアに襲い掛かる
    アスランがシンのデスティニーを破壊
  • 51
    選ばれた未来
    ミネルヴァがアークエンジェルとジャスティスによって戦闘不能になる
    ジャスティスとアカツキがレクイエムを破壊
    フリーダムとエターナルがメサイアを破壊
    キラとデュランダルが崩壊するメサイアの指令室で対峙
    レイ、グラディス艦長、アウランも指令室へ
    レイがデュランダルを撃つ
    デュランダル、レイ、グラディス艦長はメサイアに残る
    キラとアスランはメサイアを脱出
    ラクスの呼び掛けによりザフトとオーブの戦闘停止
    終戦へ
    オノゴロ島の慰霊碑にシン、ルナマリア、メイリン、アスラン
    そこへキラとラクスが現れる
    アスランがシンにキラを紹介
    キラがシンに「一緒に戦おう」と声を掛ける

51話でレイはメサイアに残り、爆炎の中に消えます。最後、グラディス艦長に「お母さん」と言っていますが、これはレイの母親がタリア・グラディスということではありません。どうやら、タリアに母性を感じ「お母さん」と言ったようです。直前に、グラディス艦長が息子の存在を明かしているため紛らわしいですが、艦長の息子はレイではありません。

神回

無難な選択と言われそうですが、第34話「悪夢」は神回だと思います。キラが負ける回です。フリーダム大爆発です。ラストでシンが、恍惚と勝利をかみしめるシーンも見どころです。

第36話「アスラン脱走」からの第37話「雷鳴の闇」も良いエピソードです。アスラン脱走、タイトルがわかりやすいです。アスランがザフトから脱走します。メイリンと一緒です。そして、37話で、シンのデスティニーとレイのレェンドに撃墜されます。ハイネやアウル、ステラ(デストロイ)など主要キャラの撃墜が描かれるエピソードは印象に残ります。

第13話「よみがえる翼」では、フリーダムが再び登場します。ザフトの部隊がラクス暗殺のため、キラ達の家に侵入し、キラは再びフリーダムに乗り込みます。なんだかウルトラマンみたいな展開のエピソードです(最初は銃撃戦で、そのあと、モビルスーツ戦になります。)

神回
話数 タイトル
34話 悪夢
36話 アスラン脱走
37話 雷鳴の闇
13話 よみがえる翼

感想

アニメが放送されたのは、2004年10月9日から2005年10月1日までだったようです。私、テレビで見ていました。前作SEEDの主人公・キラが、Destinyの主人公・シンにやられるシーンがあるのですが、あのとき、ブラウン管テレビを掴むような勢いでみていました。死んだと思ったよ。次回予告にキラが登場していましたが、どうなったのか気になって、夜も眠れませんでした(これは誇張ですが)。当時、シンがあまり好きではなかったです。キラとの戦闘を経て、より一層、きらいになった気がします。シンは、その後、アスランとメイリンちゃんも撃破するので、私の中で、炎上主人公みたいになります。

あれから20年弱が経過し、久しぶりに見ています。放送当時、あまりいい評価は受けていない印象でしたが、面白いと思います。20年もたつと、ロボットに興味はなくなってきました(老化と呼ぶのかもしれない)が、それでも楽しく見ています。キラとアスランの撃破がハイライトではないかと思いつつ、シンもいいキャラだと思います。

考察

いい人にみえた議長ですが、その野望は、コーディネーターが支配する世界を作ることにあったと思います。キラ達は、ラクス暗殺がきっかけとなり、議長が胡散臭いことに気付いていました。ところが、偽者のラクスに気付かない人々は議長を信じ、その言葉に共感していたようです。のちに、議長にとって、ミーアもシンもアスランも、理想を成し遂げるための道具に過ぎなかったことが明らかになります。議長は、内政面においてミーアが、戦闘面ではシンとアスランが、その役割を果たすことのみを期待していました。このことに気付いたアスランは脱走を図りましたが、結局、反逆者として扱われてしまいます。

議長の推し進めたロゴスに対する宣戦布告は、市民やザフト軍の熱烈な支持を受けることになります。議長はうまくやって、ザフトが戦争状態に突入するよう仕向けたといえます。シンを含むミネルバのクルーは、ただの軍人なので、戦争に疑問を抱いたとしても、議長の指示に従うことしかできません。聡明なグラディス艦長は、議長の振舞いを疑っていますが、軍人として、そして、大人として、大きく道を踏み外すような行動はとりません。強力なパイロットであるシンも、アスランの言葉に説得されそうになりますが、レイという友人の存在が、シンを議長の望む役割から放しません。結局、シンはエースパイロットのままで、つまりこれは、議長のような権力をもつ大人に、いいように使われたといえます。

生まれる前の人間を操作するのはよくて、生まれてから人間を改造するのは悪いのか、という地球軍の主張があっても良さそうですが、物語の中では、地球軍が極悪非道にみえます。これは地球軍という悪者を演出するために、議長が一般市民にみせたいものをみせたとも考えられます。そう考えると、ザフトも何をやっているかわからないわけです。どっちがいいか悪いかは判断できないわけですが、いずれにしても、二つの民族(コーディネーターとナチュラル)の溝が埋まることはないように思います。どちらかが死滅するか、どちらかがもう一方を完全に支配するまで争いは続きそうです。ただ、オーブは共存を掲げていました。どう考えても、共存の道こそが平和で望むべき未来だと思いますが、コーディネーターとナチュラルが互いに抱く憎しみは、そう簡単に消えるわけではありません。

議長は表面的には平和を望む指導者にみえますが、やはり、コーディネーターだけの世界を作り上げるという野望があったと思います。邪魔なのは、地球軍と中立的な立場をとるオーブ(カガリ)です。ただ大義名分がなければ、軍人も市民も納得しません。ユニウスセブン落としも、もしかすると、議長が裏で手を引いていたのかもしれません。ユニウスセブンの事件が戦争突入のきっかけとなり、その後、ロゴスへの宣戦布告まで発展してしまいました。ガンダム強奪も、種をまいたのは議長といえます。